昼盲

暗所よりも明所で視力が悪い状態をいう。
原因として、角膜や水晶体の混濁、全色盲、錐体ジストロフィーといった錐体機能障害が挙げられる。明所では縮瞳が起こるため、瞳孔領に混濁があると、よく物が見えなくなる。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…