昼盲

暗所よりも明所で視力が悪い状態をいう。
原因として、角膜や水晶体の混濁、全色盲、錐体ジストロフィーといった錐体機能障害が挙げられる。明所では縮瞳が起こるため、瞳孔領に混濁があると、よく物が見えなくなる。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…