乾癬性関節炎

《概念》
RAの類似疾患で、乾癬患者の数%に、軽度の関節症状が認められる。
《症状》
関節炎が主体となる。皮膚の乾癬の消長に伴って変化することが多い。DIP関節に好発(末梢性)、非対称性多発性関節炎(中枢型)
《検査》
①RF(‐)、抗核抗体(‐)、HLA-27(+)
②X線上、指趾末節骨骨破壊と先細り、指趾節基部のカップ変形。骨・関節は破壊され短くなるが、皮膚は正常で、望遠鏡のように重なって縮む。
《治療》
NSAIDs、ステロイド、レチノイド、シクロスポリンA
少数関節炎に対しステロイド関節内注射、重症例に低用量メトトレキサート

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…