停留精巣

[概念]
精巣が生理的な下降の途中で停留して陰嚢底部に下りていない状態。

[疫学]
未熟児で30%、成熟児の3%、生後1歳以降は約0.7~1%に認められる。
生後半数以上が自然下降するが、その時期はほとんど3ヶ月以内。

[合併症]
造精機能障害、精巣腫瘍、鼠径ヘルニア

[治療]
生後6ヶ月頃までは自然下降に期待して自然経過を観察。
将来の妊孕性を考慮して1歳前後、遅くとも2歳までに精巣固定術を行う。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…