右脚ブロック

心筋虚血や心筋の変性により右脚、左脚が障害(ブロック)されると、興奮が速やかに心室全体へ伝導できなくなる。この場合、障害より末梢の部位では興奮が心室筋を介してゆっくり広がり、心室全体の興奮に時間を要する。この病態を脚ブロックという。右脚は細長いため最も障害を受けやすく、右脚が障害された場合を右脚ブロックという。また、QRS幅(心室の興奮時間)により、不完全脚ブロックと完全脚ブロックに分けられる。

臨床


  • 右脚ブロックの特徴として、幅広いQRS波、V1誘導のrSR'型波形、V6誘導の幅広いS波があげられる。
  • 左脚ブロックに比して病的意義に乏しいが、その背景に右室容量負荷をきたす疾患を抱えている場合もある。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…