非造影MRA

1998年に東芝メディカルシステムズが開発した、造影剤を用いない磁気共鳴血管撮影技術。米国では、2007年時点で、造影剤を用いたMRAと比較してもほとんど差がないと評価されている。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…