類天疱そう

≪病態≫ 表皮下に水疱を形成する。粘膜をおかす瘢痕性類天疱そうと、皮膚に緊満性水疱をくりかえす水泡性類天疱そうがあり、眼を侵すものは前者にあたる。 上皮基底膜を標的とし基底膜が破壊される。 日本人に多くみとめる。

≪症状≫ 中高年女性の、両眼の難治性結膜炎。円蓋部結膜のうの収縮やPOVの消失。

≪病期分類≫ Stage1 慢性結膜炎

    2 下眼瞼円蓋結膜の収縮
    3 瞼球癒着
    4 角結膜上皮の角化

≪治療≫ 有効な治療法はない。 対処的にステロイド点眼と、二次感染防止に抗生剤点眼。急性憎悪には、シクロスポリンなどの免疫抑制剤やステロイドを投与する。 自己抗体を取り除く血漿交換。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…