吹き抜け骨折

眼窩部の鈍的外傷などで、急激に眼窩内圧が上昇して起こる眼窩底の陥没骨折である。眼窩下壁に多い。

症状


眼窩結合組織が骨折部位に落ち込むことにより、上下方向の眼球運動障害(上転障害が多い)。複視、眼球陥凹、頰部感覚鈍麻などを生じる。
上転障害は、眼窩脂肪組織が骨折線に挟まり、下直筋の運動を制限することで起きる。

検査


頭部CTや眼窩単純X線(Waters法)が有効。また、牽引試験(forced duction test)により機械的な眼球運動障害を確認する。

治療


落ち込んだ眼窩内容物を整復する。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…