壊死性筋膜炎

≪病態≫

A群β溶連菌や黄色ブドウ球菌などの細菌による皮膚深部、筋膜の感染症で、初期には丹毒や蜂巣炎に似るが、次第に広範囲の皮膚に紅斑、腫脹が出現し、急速に水疱や表皮剥離、紫斑、点状出血などの多彩な皮膚症状を認める。

≪治療≫

抗菌薬を投与し、壊死組織のデブリードマンを行う。

 

≪ガス壊疽≫

主にClostridium perfrings(ウェルシュ菌)による皮下組織、筋肉の感染症。局所の強い痛み、腫脹、全身の敗血症症状をきたし、局所の壊死を引き起こす。ガス産生をするため、皮下握雪感を認めることもある。ウェルシュ菌によるものである場合、創開放して酸素にさらし、デブリードマン、洗浄、抗菌薬投与を行う。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…