急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉

腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。

急性腎不全の原因として最も多い。

成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えられる。

〈誘因〉

虚血による:術後、外傷後、広範な挫傷・熱傷

腎毒性による:アミノグリコシド、NSAIDs、造影剤、運動後(横紋筋融解による)、異型輸血

〈症状〉

多くは乏尿をきたす。他の症状は腎性急性腎不全参照。

〈検査〉

血清Cr2.02.5mg/dlBUN4070mg/dl、血清K

尿の所見は腎性腎不全参照。蛋白尿(+)がみられることも。

〈治療〉

乏尿期の水・電解質以上と、急性尿毒症症状に対するものが中心。

細胞外液の大きな変動を防ぐため、早期からの透析開始が勧められる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…