再発性角膜びらん

再発性角膜びらん

同一場所に遷延、再発を繰り返す角膜びらん。

≪原因≫ 角膜びらんが生じた際、上皮層のみならず上皮基底膜も障害された場合に起こる。 そのための角膜上皮細胞の接着障害。

≪症状≫ 起床時につよい痛み、流涙、異物感。

≪治療≫ ヒアルロン酸や人工涙液、血清点眼。 治療用コンタクトレンズや、眼帯も必要。 重症の場合は、エキシマレーザーによる角膜表層切除術。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…