好酸球性びまん性筋膜炎

《臨床像》
強皮症様皮膚症状、皮膚のorange peel sign、あるいは羊皮様変化、末梢血中好酸球数の増多、高γ‐グロブリン血症、赤沈の上昇を臨床的特徴とする。
《病理》
組織学的には筋膜の肥厚と好酸球を含む細胞浸潤がみられる。
《治療》
ステロイド薬が有効。
《予後》
2‐5年後に自然寛解することもある。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…