好酸球性びまん性筋膜炎

《臨床像》
強皮症様皮膚症状、皮膚のorange peel sign、あるいは羊皮様変化、末梢血中好酸球数の増多、高γ‐グロブリン血症、赤沈の上昇を臨床的特徴とする。
《病理》
組織学的には筋膜の肥厚と好酸球を含む細胞浸潤がみられる。
《治療》
ステロイド薬が有効。
《予後》
2‐5年後に自然寛解することもある。

注目の記事

原発性閉塞隅角緑内障

関連ページ 緑内障 Stage分類と診断方法、診断基準、治療方針(試案2005年10月) Stage分類 PACS(primary angle closure suspect):原発閉塞隅角(症) …続きを読む…