de Quervain病

母指を外転させると手関節の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がる。その母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎である。

手関節の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こり、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れる。
原因
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じる。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴である。
病態
母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘の肥厚や表面の傷み、さらにそれが刺激となり、悪循環が生じる。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、このために狭窄が生じやすい。
診断
上記の部位に腫脹や圧痛があり、母指と一緒に手首を尺屈させると疼痛が誘発される(フィンケルシュタインテスト変法)。
正しくは母指を尺側に牽引したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)。
治療
局所の安静(シーネ固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法がある。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘切開を行う。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…