妊婦検診

妊婦検診

妊娠経過中に発生する妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの早期発見や治療を目的に行なわれる検査。若年妊娠、高齢妊娠、 多胎、基礎疾患がある妊婦には特に重要性が増す。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…