心内膜欠損症(endcardial cushion defect:ECD)

≪病態≫

心内膜の発達障害により、弁や心壁の形成が阻害されたもの。

≪疫学≫

Down症候群に合併しやすく、Down症候群に合併する心奇形で最多。

≪分類≫

完全型:ASD+VSD+MR+TR

不完全型:ASD+MR+TR

≪検査≫

左室造影にてgoose neck signを示す。

ECGで左軸偏位、PR延長、不完全右脚ブロック

完全型では肺血流増加から、肺高血圧を示す。

≪治療≫

新生児期には肺血流を低下させるために姑息的にPA bundingを行い、根治術として、欠損孔閉鎖術、僧帽弁形成術を行う。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…