フーリエドメイン方式

フーリエドメイン方式

干渉光を任意にスペクトル分解をし、 CCD で検出し、その検出信号をフーリエ変換(工学上は高速フーリエ変換)して深さ方向の反射光強度プロファイルを得るもの。

干渉分光tomographyと同種の原理

なお、光周波数掃引OCT では、干渉信号の周波数と厚さ方向の位置が対応するので、極めて小型の干渉計で高速OCTが実現可能である

注目の記事

遺伝子解析ソフトウエア

定義 遺伝子研究を行う際のツール。プラスミド作成、プライマー作成、DNAシークエンス等で欠かせないソフトウエア。最近ではフリーのものも多く出回るようになってきた。またこれまではMac環境でないとつか …続きを読む…