フーリエドメイン方式

フーリエドメイン方式

干渉光を任意にスペクトル分解をし、 CCD で検出し、その検出信号をフーリエ変換(工学上は高速フーリエ変換)して深さ方向の反射光強度プロファイルを得るもの。

干渉分光tomographyと同種の原理

なお、光周波数掃引OCT では、干渉信号の周波数と厚さ方向の位置が対応するので、極めて小型の干渉計で高速OCTが実現可能である

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…