肝内石灰化

肝内石灰化

intrahepatic calcification

肝臓に石灰(カルシウム成分)が貯留したもの。腹部超音波検査で白く写る。結核や出血などの肝臓疾患の治癒後に形成されたものが多く、病的意義は小さい。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…