急性化膿性甲状腺炎

≪概念≫
細菌感染による甲状腺の急性化膿性炎症である。幼少児期に発症し、先天性の下咽頭梨状窩から
生じた内瘻を通じての感染が大半と考えられる。
≪臨床像≫
・局所に発赤・腫脹などの急性炎症所見が著明である。
・確定診断は、咽頭造影で、下咽頭梨状窩より甲状腺への瘻管を証明する。
≪治療≫
・起炎菌を同定し、抗菌薬の投与を行う。急性期には切開排膿や輸液を行う。
・炎症が治まってから瘻孔摘除術を行う。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…