リンパ浮腫

リンパ液の滞留が原因で四肢に発生するむくみ。子宮癌、卵巣癌、乳癌に対する外科的手術で、腋や骨盤内のリンパ節を切除することで発生する後天性のものが大多数で、術後10年以上経って発生する場合もある。重篤な場合は四肢が大きく腫脹したり、歩行困難や象皮症を合併することがある。
≪分類≫
1.特発性(1次リンパ浮腫):先天性リンパ浮腫、早発性・遅発性リンパ水腫
2.続発性(2次リンパ浮腫):閉塞性、炎症性(フィラリア糸状虫etc)、医原性(手術、放射線治療など)
≪治療≫
まず保存的治療を行う
⇒患肢の拳上、弾性ストッキングの着用、マッサージ療法
保存療法で効果がなければ、患肢の皮下組織、筋膜を切除し、うっ滞した皮下リンパ液を筋肉内へ流す方法が行われる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…