急性転化

≪病態≫
慢性骨髄性白血病(CML)の経過中に病状が急激に悪化し、急性白血病に似る状態。

≪症状≫
発熱、体重減少、脾腫等の腫大、関節痛、骨痛の悪化。

≪検査≫
血小板の著明な減少、NAP scoreの上昇(CML経過中ではNAP低下)
Philadelphia染色体に加え、新たな染色体異常が出現することもある。
骨髄検査にてdry tapとなり、吸引不可能となる。
(他にdry tapを示す疾患は骨髄線維症、癌の骨髄転移)

≪治療≫
イマチニブによる治療効果は一時的であり、vincristineとpredonisoloneを組み合わせたVP療法、VP療法にdaunomicinを組み合わせたDVP療法が選択される。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…