Fisher症候群

ギラン・バレー(Guillain-Barre)症候群の一亜型。運動失調、深部反射消失、眼筋麻痺が三主徴。

症状

症状の展開に連れて、瞳孔と調節が侵される全眼筋麻痺に進展する。比較的予後は良好である。

顔面神経麻痺、呼吸及び嚥下困難を示すこともある。

原因

自己免疫あるいは、Viral infection の関与が示唆される。

検査

神経学的身体所見:対称性の筋力低下、深部腱反射の低下や消失

神経伝達速度:末梢神経伝導速度遅延

髄液検査:脳脊髄液中に蛋白が増加しているが、細胞の増加は認めない(蛋白細胞解離)

血液検査:血清中に抗ガングリオシド抗体を認めることがある

(ギラン・バレー症候群と同様)

予後

多くは数週間以内に自然軽快する。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…