手足口病

手足口病は、夏季に乳幼児に流行し、口腔内、手掌、足底に水疱疹をきたす感染症である。コクサッキーウイルスA群(10型・16型)、エンテロウイルス71型が主な原因ウイルスで、多くは予後良好である。

臨床

  • 夏〜秋にかけて、主に4歳以下の乳幼児に好発する。(発症は1歳が最多である)
  • 発熱後、口腔粘膜や舌などに、水疱疹・びらん・潰瘍が出現する。その後遅れて、手掌足底に粟粒大の楕円形の小水疱が出現する。水疱の周囲は発赤を伴うが、瘢痕・色素沈着を残さずに消失する。また、発熱がみられるのは全体の30%ほどであり、発熱しない場合の方が多い。
  • 咽頭や便から排出されるウイルスは感染源となる。

合併症

  • 無菌性髄膜炎を合併することがあるので、頭痛・嘔吐・意識障害が認められる時は注意が必要である。

治療法

  • 特別な治療法はなく、対症療法が原則となる。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…