接合菌症(ムーコル症)

《概念》
接合菌門のムーコル目による真菌感染症
《分類》
肺型、鼻脳型、消化管型、皮膚型、播種型にわけられる
《検査》
病巣から培養・分離されることはほとんどなく、病理組織中のGrocott染色により、太い隔壁のない菌糸を観察することにより診断する
《治療》
・アムホテリシンB点滴静注
・病巣の切除、デブリドマン

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…