接合菌症(ムーコル症)

《概念》
接合菌門のムーコル目による真菌感染症
《分類》
肺型、鼻脳型、消化管型、皮膚型、播種型にわけられる
《検査》
病巣から培養・分離されることはほとんどなく、病理組織中のGrocott染色により、太い隔壁のない菌糸を観察することにより診断する
《治療》
・アムホテリシンB点滴静注
・病巣の切除、デブリドマン

注目の記事

遺伝子解析ソフトウエア

定義 遺伝子研究を行う際のツール。プラスミド作成、プライマー作成、DNAシークエンス等で欠かせないソフトウエア。最近ではフリーのものも多く出回るようになってきた。またこれまではMac環境でないとつか …続きを読む…