接触アレルギー

《病態》
感作源とケラチノサイトの表皮蛋白が結合した抗原に、Langerhans細胞、T細胞が反応して、ケラチノサイトが傷害されて生じる遅延型アレルギー
《原因》
石鹸、シャンプー、化粧品、ニッケル・コバルトなどの金属、漆、植物など
《検査》
貼布試験
《治療》
接触源の除去、ステロイド外用、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬内服

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…