接触アレルギー

《病態》
感作源とケラチノサイトの表皮蛋白が結合した抗原に、Langerhans細胞、T細胞が反応して、ケラチノサイトが傷害されて生じる遅延型アレルギー
《原因》
石鹸、シャンプー、化粧品、ニッケル・コバルトなどの金属、漆、植物など
《検査》
貼布試験
《治療》
接触源の除去、ステロイド外用、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬内服

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…