接触アレルギー

《病態》
感作源とケラチノサイトの表皮蛋白が結合した抗原に、Langerhans細胞、T細胞が反応して、ケラチノサイトが傷害されて生じる遅延型アレルギー
《原因》
石鹸、シャンプー、化粧品、ニッケル・コバルトなどの金属、漆、植物など
《検査》
貼布試験
《治療》
接触源の除去、ステロイド外用、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬内服

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…