生体肝移植

肝硬変や、劇症肝炎により肝不全となった場合、肝移植が施行される。
欧米においては法整備により脳死ドナーからの肝移植が発達しているが、日本においては生体肝移植が大多数である。

肝移植では血液型の適合やグラフト(ドナーからとりだされた臓器)がレシピエント(臓器をもらう患者)の体の大きさに合うかなどの制限がかかる。

移植を受けた患者は、拒絶反応を避けるため、原則的に一生免疫抑制剤を飲み続けなければならない。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…