生体肝移植

肝硬変や、劇症肝炎により肝不全となった場合、肝移植が施行される。
欧米においては法整備により脳死ドナーからの肝移植が発達しているが、日本においては生体肝移植が大多数である。

肝移植では血液型の適合やグラフト(ドナーからとりだされた臓器)がレシピエント(臓器をもらう患者)の体の大きさに合うかなどの制限がかかる。

移植を受けた患者は、拒絶反応を避けるため、原則的に一生免疫抑制剤を飲み続けなければならない。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…