月経困難症

定義
月経に随伴して起こる病的症状で、月経開始直前から月経中にかけて日常生活に
支障をきたす様々な症状が起こる。
器質的疾患によるものとそうでないもので、器質性のものと機能性のものに分けられる。

症状
下腹部痛、腰痛、頭痛、下痢、発熱、悪心(おしん)、嘔吐など
があり、鎮痛薬を必要とするものは全体の3分の1程度である。

検査
原因疾患の検索なども考えて、内診、直腸診、エコー、MRIなどが行われます。

治療
基本は対症療法としてNSAIDsや低用量ピルとなりますが、器質性の場合は
原因疾患の治療も行われます。



注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…