新生児呼吸窮迫症候群

≪病態≫
サーファクタントの欠乏により、肺が虚脱する。
早産、低出生体重児、母体糖尿病、帝王切開にみられやすい。

≪症状≫
生後数時間以内に、多呼吸、陥凹呼吸、鼻翼呼吸、チアノーゼなどを呈す。

≪治療≫
人工換気により、肺虚脱を防止する。
人工サーファクタント気管内注入を行う。

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…