新生児呼吸窮迫症候群

≪病態≫
サーファクタントの欠乏により、肺が虚脱する。
早産、低出生体重児、母体糖尿病、帝王切開にみられやすい。

≪症状≫
生後数時間以内に、多呼吸、陥凹呼吸、鼻翼呼吸、チアノーゼなどを呈す。

≪治療≫
人工換気により、肺虚脱を防止する。
人工サーファクタント気管内注入を行う。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…