新生児呼吸窮迫症候群

≪病態≫
サーファクタントの欠乏により、肺が虚脱する。
早産、低出生体重児、母体糖尿病、帝王切開にみられやすい。

≪症状≫
生後数時間以内に、多呼吸、陥凹呼吸、鼻翼呼吸、チアノーゼなどを呈す。

≪治療≫
人工換気により、肺虚脱を防止する。
人工サーファクタント気管内注入を行う。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…