多形滲出性紅斑

四肢伸側を中心に対称性に多発する、円形から類円形の浮腫性紅斑である。原因は単純ヘルペスウイルス、マイコプラズマ、溶連菌などの感染症、薬剤など多岐にわたる。

臨床


  • 四肢伸側の関節部などに、浮腫性で中央がやや陥凹し、辺縁が隆起した“標的状”とよばれる紅斑が多発する。ときに感冒様症状の先行がある。
  • 軽度の発熱、関節痛がみられることがある。
  • 全身症状が高度な場合、広範囲な皮疹、粘膜疹がある場合には、Stevens-Johnson症候群への移行を考える。

診断


  • 血液検査にて、赤沈↑、CRP↑がみられる。
  • 原因によってはASO、マイコプラズマ抗体価が高値を示す。

治療


  • 病因を追求して、感染症の治療、原因薬剤の中止などの治療を行う。
  • 軽症例は通常2~3週間で消褪する。症状に応じて、皮疹部のステロイド外用などを行う。
  • 重症例ではステロイドの全身投与を行う。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…