新生児生理的黄疸

新生児における生理的黄疸は肝臓でのグルクロン酸抱合が未熟なために生じるもので、間接ビリルビンが上昇する(直接ビリルビンは1mg/dlを超えない)。出生後3~5日で強くなり、約2週間で焼失する。生後24時間以内には通常見られない。秒的黄疸との鑑別が重要である。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…