パーキンソニズム(Parkinsonism)

≪病態≫

パーキンソン病以外の原因によって、2次的にパーキンソン病様の症状(無動、静止時振戦、筋固縮、姿勢反射障害)が生じるもの。

≪原因≫

薬剤性:ハロペリドール、クロルプロマジン、レセルピン、メチルドパ、ブロモクリプチン、スルピリド

中毒:マンガン、一酸化炭素

器質性:基底核梗塞、脳炎、脳腫瘍

代謝性:副甲状腺機能低下症、Wilson

外傷性:慢性硬膜下出血、ボクサー脳症

変性疾患:多系統委縮症(MSA)、進行性核上麻痺、皮質基底核変性症

≪特徴≫

・レボドパが効きにくい

・筋固縮に比して振戦がみられにくい。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…