黄斑上膜

黄斑上膜(epiretinal membrane;ERM)

黄斑部網膜の上に膜が形成され、膜の牽引により網膜に皺が形成される。変視症、視力低下を伴うことがある。
後部硝子体剥離に伴う突発性黄斑上膜と、ぶどう膜炎などに伴う続発性黄斑上膜に分けることができる。
変視症、視力低下が高度な場合には硝子体手術により黄斑上膜を剥がす手術を行うが、再発することもある。

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…