黄斑上膜

黄斑上膜(epiretinal membrane;ERM)

黄斑部網膜の上に膜が形成され、膜の牽引により網膜に皺が形成される。変視症、視力低下を伴うことがある。
後部硝子体剥離に伴う突発性黄斑上膜と、ぶどう膜炎などに伴う続発性黄斑上膜に分けることができる。
変視症、視力低下が高度な場合には硝子体手術により黄斑上膜を剥がす手術を行うが、再発することもある。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…