淋菌性結膜炎

急激に発症し進行する結膜炎である。
眼瞼、結膜の強い腫脹、充血、多量の膿性分泌を認める。
新生児の産道感染によるものを新生児膿漏眼という。
ただし、現在は出産時に抗菌薬点眼が行われているため、まれである。

治療


スペクチノマイシンの筋注あるいはセフトリアキソン、セフォジジムの静注を行う。点眼薬ではセフメノキシムやセフトリアキソンを使用する。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…