甲状腺クリーゼ

【病態】
甲状腺中毒症の患者で、感染、外傷、手術の侵襲などを契機として、甲状腺ホルモン過剰となって複数臓器不全に陥ったもの。
【症状】
発熱、頻脈、心不全、振戦、消化器症状(吐き気、下痢、黄疸)、精神症状(不穏、傾眠、せん妄)
【診断】
甲状腺ホルモンの異常高値+臨床症状
【治療】
大量の抗甲状腺薬、β遮断薬、甲状腺皮質ホルモン、対症療法(輸液、冷却、酸素吸入)

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…