心筋梗塞

冠状動脈が詰まって心臓の筋肉が壊死する疾患。冠動脈の粥状硬化部において、粥腫の破綻またはびらんに伴う冠動脈内血栓形成、および冠攣縮が、閉塞のもっとも重要な要因である。心筋梗塞の診断には、病歴、心電図変化、心筋マーカーの上昇が大切である。また、心エコーで心臓壁の運動が限局性に障害されている部位を認め、CAGで冠動脈の閉塞または狭窄所見がみられたら確実となる。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…