心筋梗塞

冠状動脈が詰まって心臓の筋肉が壊死する疾患。冠動脈の粥状硬化部において、粥腫の破綻またはびらんに伴う冠動脈内血栓形成、および冠攣縮が、閉塞のもっとも重要な要因である。心筋梗塞の診断には、病歴、心電図変化、心筋マーカーの上昇が大切である。また、心エコーで心臓壁の運動が限局性に障害されている部位を認め、CAGで冠動脈の閉塞または狭窄所見がみられたら確実となる。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…