男女雇用機会均等法

1.母子保健法と労働基準法だけでは不十分とされてきた妊娠・出産に際して女性労働者が被る不利益をなくすために規定された新法である。
2.事業者は妊産婦健康診査の時間を確保する義務がある。
3.妊婦健診の際に主治医は、母子健康手帳にある母性健康管理指導事項連絡カードに記載する。
4.記載事項に従い、事業主は勤務軽減、時差出勤等を行う義務がある。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…