男女雇用機会均等法

1.母子保健法と労働基準法だけでは不十分とされてきた妊娠・出産に際して女性労働者が被る不利益をなくすために規定された新法である。
2.事業者は妊産婦健康診査の時間を確保する義務がある。
3.妊婦健診の際に主治医は、母子健康手帳にある母性健康管理指導事項連絡カードに記載する。
4.記載事項に従い、事業主は勤務軽減、時差出勤等を行う義務がある。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…