耳硬化症


疫学
原因不明の変性疾患で、女性に多い。

症状
難聴・耳鳴りが主訴であり、聴力検査は基本的に伝音難聴であるが、進行すると感音難聴も加わって混合難聴となる。2000Hzでの骨導の聴力低下をCarhart notchと称し、本症状を示唆する所見の一つである。

治療
薬剤による治療の効果はなく、手術治療が主体となる。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…