耳硬化症


疫学
原因不明の変性疾患で、女性に多い。

症状
難聴・耳鳴りが主訴であり、聴力検査は基本的に伝音難聴であるが、進行すると感音難聴も加わって混合難聴となる。2000Hzでの骨導の聴力低下をCarhart notchと称し、本症状を示唆する所見の一つである。

治療
薬剤による治療の効果はなく、手術治療が主体となる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…