睡眠不足と肥満

2008年3月12日、「睡眠が5時間未満の場合、肥満になりやすい。」という研究結果が、日本大学の兼板佳孝氏(公衆衛生学)によって発表された。男性の職場健康診断のデータ12,000人分を解析したもので、1999年に肥満と高血糖を認めない受診者が、2006年に発症しているかどうかを検証したところ、両年とも睡眠時間が5時間未満だった人は5時間以上だった人よりも肥満発症リスクが1.36倍に、高血糖発症のリスクが1.27倍になっていた。睡眠が不足すると食欲抑制ホルモンの分泌が減少し、食欲増進ホルモンの分泌が亢進することが、メカニズムとして考えられている。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…