粟粒結核(military tuberculosis)

≪病態≫

結核が血行性に全身播種感染を起こし、2つ以上の臓器に結核散布巣を作った状態。

≪検査・診断≫

Chest XP:両肺のびまん性斑状陰影、小結節影

    TBLB(transbronchial lung biopsy)/BAL(bronchoalveolar lavage)

    肝生検

    骨髄穿刺

    眼底所見

≪治療≫

肺結核同様にイソニアジド(INH)、リファンピシン(RFP)、ピラジナミド(PZA)、エタンブトール(EB)、ストレプトマイシン(SM)の多剤併用療法を行う。

 

☆抗結核薬の副作用

INH:末梢神経障害(vit.B6)、肝障害

RFP:肝障害、WBC↓、Plt↓、発疹

PZA:肝障害

EB:球後性視神経炎

SM:第Ⅷ神経障害、腎障害

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…