アルカリホスファターゼ

ALP(アルカリホスファターゼはほとんどすべての臓器・組織に広く分布している酵素であるが、その中でも骨・小腸粘膜上皮・肝臓・胎盤などに多く含まれている。ALPは1~5の5つのアイソザイムに分けられているが、このうちALP1、ALP2が肝臓由来、ALP3が骨(骨芽細胞由来)、ALP4が胎盤由来、ALP5が小腸粘膜上皮由来である。肝臓由来のALPの多くは胆汁中に分泌されており、胆汁うっ滞があるとALPが上昇する。これも含め、以下にALPの上昇がみられる疾患・病態を列挙する。
  • 妊娠
  • 骨芽細胞増殖性疾患(骨肉腫、多発性骨髄腫、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、骨折、くる病など)
  • 肝外胆道閉塞
  •  肝内胆汁うっ滞症
  • 肝臓の占拠性病変
    など

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…