アルカリホスファターゼ

ALP(アルカリホスファターゼはほとんどすべての臓器・組織に広く分布している酵素であるが、その中でも骨・小腸粘膜上皮・肝臓・胎盤などに多く含まれている。ALPは1~5の5つのアイソザイムに分けられているが、このうちALP1、ALP2が肝臓由来、ALP3が骨(骨芽細胞由来)、ALP4が胎盤由来、ALP5が小腸粘膜上皮由来である。肝臓由来のALPの多くは胆汁中に分泌されており、胆汁うっ滞があるとALPが上昇する。これも含め、以下にALPの上昇がみられる疾患・病態を列挙する。
  • 妊娠
  • 骨芽細胞増殖性疾患(骨肉腫、多発性骨髄腫、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、骨折、くる病など)
  • 肝外胆道閉塞
  •  肝内胆汁うっ滞症
  • 肝臓の占拠性病変
    など

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…