皮膚腺病

皮膚腺病(scrofulodermaとは、真性皮膚結核1種で、頚部ないし腋窩に見られる無痛性の膿瘍(冷膿瘍)である。リンパ節や骨、関節、筋肉、腱など皮膚に近い病巣から結核菌が波及して生じるもので、真性皮膚結核の中では尋常性狼瘡とともに高い頻度で見られる。通常は頚部のリンパ節が腫大することから始まり、次第に大きさを増して膿瘍となり、皮膚が自壊して潰瘍ができる。

皮膚腺病と鑑別すべき疾患としては、ゴム腫、悪性リンパ腫、非定型抗酸菌症がある。

治療は、抗結核薬の多剤併用療法である。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…