皮膚腺病

皮膚腺病(scrofulodermaとは、真性皮膚結核1種で、頚部ないし腋窩に見られる無痛性の膿瘍(冷膿瘍)である。リンパ節や骨、関節、筋肉、腱など皮膚に近い病巣から結核菌が波及して生じるもので、真性皮膚結核の中では尋常性狼瘡とともに高い頻度で見られる。通常は頚部のリンパ節が腫大することから始まり、次第に大きさを増して膿瘍となり、皮膚が自壊して潰瘍ができる。

皮膚腺病と鑑別すべき疾患としては、ゴム腫、悪性リンパ腫、非定型抗酸菌症がある。

治療は、抗結核薬の多剤併用療法である。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…