結膜血管腫

球結膜や瞼結膜にみられる血管腫。

小児に多い。

結膜血管だけでなく、外眼筋、強膜の血管からも発生する。

 

≪分類≫

1.  毛細血管性血管腫

2.  血管内皮腫

3.  海綿状血管腫

 

1と2は自然に縮小していくことが多い。

急速に大きくなったり、出血を起こすこともあるが、経過観察でよい。

 

気になる場合は、単純切除、ステロイドの局所注射、レーザー、CO2レーザーなど。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…