伝染性軟属腫

伝染性軟属腫ウイルスによる限局性ウイルス感染症である。
常色の軟らかい半球状丘疹が孤立性に散発する。
表面は平滑で光沢を放ち、中央部は臍窩状に陥凹する。

臨床

  • 小児の体幹・四肢に好発し、夏季に流行する。
  • 特にアトピー性皮膚炎の患児に多い。
  • 数mmまでの半球状の常色丘疹で、表面は平滑で光沢を有し、中央は臍窩状に陥凹する。
  • つまむと白色の粥状内容物が排出される。
  • 周囲に湿疹反応が起こることがある(モルスクム反応)。

病理


  • 表皮突起は真皮側へ囊腫状に肥厚し、中央部は噴火口状に陥凹するため、トマト状外観を示す。
  • 好酸性に染色される細胞質内封入体(軟属腫小体)を有する有棘細胞と顆粒細胞が増殖し、粗大なケラトヒアリン顆粒を産生する。
  • 稗粒腫との鑑別を要する。稗粒腫の場合、丘疹の中央に臍窩はなく、眼瞼部や頬部などに好発する。

治療


  • トラコーマ鑷子などで内容物を圧出するのが最も確実な治療法である。

転帰・予後


  • 平均6.5ヵ月の期間で、自然治癒するとの報告がある。


注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…