羞明

通常では苦痛にならない程度の光を、異常にまぶしく感じる状態である。
羞明をきたす原因としては、光量の調節障害、光に対する敏感性亢進、先天的な原因がある。光量の調節障害をきたす原因としては、白内障、散瞳薬の使用、動眼神経麻痺による病的散瞳があり、光に対する敏感性亢進をきたす疾患としては睫毛内反症、角膜炎、角膜潰瘍などの角膜疾患、虹彩毛様体炎、先天的な原因の例としては、先天緑内障(牛眼)、白子症(アルビノ)、一色型色覚(全色盲)、先天性無虹彩などがある。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…