三心房心

《病態》
左房内に異常な隔壁ができて、左房を2つにわけたものを三心房心という。上の腔が肺静脈、下の腔が左室に交通している。
肺静脈は副室に入るが、出口が小さい場合、肺静脈還流障害、肺うっ血、肺高血圧、右心不全を伴う。新生児以降の発症例が多く、隔壁を除去し、肺静脈還流障害異常があれば修復する。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…