肺クリプトコックス症

≪概念≫
Cryptococcus neoformansの経気道感染による肺の肉芽腫性病変、健常人に発症する原発性肺クリプトコックス症と基礎疾患のある人に発症する続発性肺クリプトコックス症がある。
≪病態≫
通常は中心に凝固壊死を伴う類上皮肉芽腫、細胞性免疫低下例は細胞反応に乏しい嚢胞様病変、血行性播種により髄膜炎を合併しやすい。
≪臨床像≫
微熱、咳嗽、喀痰、胸痛、原発性は無症状が多い。
≪検査≫
胸部Xp、CT:胸膜直下の結節性陰影、浸潤影、約半数に空洞を見られる。
血液:クリプトコックス抗原陽性
喀痰:培養でクリプトコックス陽性、鏡検で厚い莢膜を有する酵母の観察。
≪治療≫フルコナゾールまたはホスフルコナゾール、イトロコナゾール、ボリコナゾール、アムホテリシンB

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…