胎児循環

胎児は胎盤でガス交換を行っており、肺へはほとんど血液が流れないため、新生児と循環経路が異なる。

胎児循環では、動脈管、静脈管、卵円孔の3つの短絡路が肝臓および肺を迂回して、心臓・脳に動脈血を多量に運ぶことが特徴的である。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…