胎児循環

胎児は胎盤でガス交換を行っており、肺へはほとんど血液が流れないため、新生児と循環経路が異なる。

胎児循環では、動脈管、静脈管、卵円孔の3つの短絡路が肝臓および肺を迂回して、心臓・脳に動脈血を多量に運ぶことが特徴的である。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…