洞不全症候群

洞結節あるいはその周囲の障害により高度の洞徐脈、洞房ブロック、洞停止を生じ、徐脈に起因する脳虚血症状や心不全症状を呈する症候群をいう。
Rubensteinの分類により、Ⅰ型(洞徐脈)、Ⅱ型(洞房プロック、洞停止)、Ⅲ型(徐脈頻脈症候群)に分けられる。

臨床


  • めまい、ふらつき、眼前暗黒感、失神、といった脳虚血症状や、易疲労感、息切れなどの心不全症状を呈する。
  • Rubensteinの分類によるⅠ型では、心電図において原因の明らかでない持続性の洞徐脈(<50回/分)がみられる。症状がなければ経過観察でよいが、脳虚血症状や心不全症状がある場合はペースメーカー植込みの適応となる。
  • Ⅱ型では無症状のことが多いが、脳虚血症状をきたすこともある。心電図では洞房ブロックまたは洞停止がみられる。
  • Ⅲ型では、心電図において、上室性頻脈性不整脈(発作性上室頻拍(PSVT)、心房粗動(AFL)、心房細動(AF))の停止時に、洞房ブロック、あるいは洞停止による心停止が出現する。徐脈頻脈症候群ともよぶ。

治療



  1. 症状がない場合:無治療または経過観察を行う。
  2. 症状がある場合:①可逆性の原因(薬剤·電解質異常など)があるときは、原因除去の後、経過観察を行う。なお効果が出るまでの間、薬物治療、一時ペーシングを行うことがある。②可逆性の原因がなく、徐脈および症状が続くとき、恒久的ペースメーカー植込みを行う。③ペースメーカーを植込むまでの間に、薬物治療(アトロピン、イソプロテレノール投与)を行う。

注目の記事

救急医療のABC

救急医療のABC 救急医療の基本的な介入順序として重要なのが、 Airway management 気道確保 Breathing support 呼吸補助 Circulation stabiliza …続きを読む…