肺過誤腫

〈概念〉

正常の肺組織成分が異常に増殖した奇形腫の一種で、良性腫瘍である。軟骨、脂肪、血管、線維、平滑筋などの間葉性成分と、肺胞上皮、気管上皮などの上皮成分が混在する。多くは無症状で、偶然に胸部X線で発見されることが多い。

〈症状〉

・多くは無症状で、集団検診などで偶然胸部X線にて、境界明瞭な腫瘤影(ときに腫瘍内のポップコーン状石灰化)がみられる。

〈検査〉

経皮肺生検や気管支鏡検査による組織診にて、軟骨、脂肪、血管、線維、平滑筋などの間葉成分と、肺胞上皮・気管支上皮などの上皮成分を認める。

※悪性腫瘍を完全に否定d系ないものには、胸腔鏡下肺生検あるいは開胸肺生検を行う。

〈治療〉

悪性化はまれであり、経過観察でよい。

既存の肺の圧排による症状がみられる場合、腫瘍核摘出術を行う。

 

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…