腎細胞癌

定義:腎臓の近位尿細管に由来する上皮性悪性腫瘍で、組織学的には淡明細胞癌が最も多い。血尿、側腹部痛、腹部腫瘤は古典的3徴とよばれるが、現在では無症状のうちに健診などで発見されることが多い。

疫学:50~60歳代の男性。

症状:無症状。もしくは、発熱、全身倦怠感、貧血、体重減少、肉眼的血尿、腰背部痛、腹部瘤

検査:血液検査でCRP↑、赤沈↑、LDH↑、Ca↑、ALP↑
   超音波検査で腎臓に腫瘤を認める。
   造影CT検査で、動脈相で高吸収、実質相や排泄相で低吸収を呈する腫瘤を認める。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…