腎膿瘍

《原因》
単発性の場合は腎盂腎炎から進展することが多く、多発性の場合は、敗血症に伴った血行性感染のことが多い。
《症状》
悪寒、発熱、腹痛、腰痛、腰部に浮腫、波動を認めることがある。経皮的腎生検は禁忌。
《治療》
抗菌薬による化学療法
抗菌薬で効果がなければ、経皮的ドレナージ

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…