先端巨大症

≪病態≫

成長ホルモン産生性の下垂体腫瘍などが原因で成長ホルモンが過剰に分泌される病態。

≪症状≫

手足の容積増大

先端巨大症様顔貌(眉弓部の膨隆、鼻・口唇の肥大、下顎の突出)

巨大舌

他に、発汗、頭痛、視野障害、月経異常、睡眠時無呼吸症候群、耐糖能異常、高血圧

≪治療≫

    Hardy手術(経鼻形骨洞下下垂体腺腫摘出術)

    放射線療法:ガンマナイフ

    薬物療法:ドパミン作動薬(ブロモクリプチン)

   ソマトスタチン誘導体(オクトレオチド)

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…